特別展「モダン都市の文学誌」みどころ紹介(その2)

みなさん、こんにちは。えどまるです。雨続きのお天気ですが、たてもの園の特別展「モダン都市の文学誌」でも梅雨をテーマにした文学作品が展示されています。

こちらは作家の永井荷風。銀座の喫茶店でのスナップ。

彼が著した「つゆのあとさき」は、昭和初期の銀座のカフェーに足繁く通った作者が、当時の町の様子を、梅雨前後の季節感を盛り込みながら綴った作品です。

今回の展覧会では、1923年(大正12)の関東大震災のあとに生まれ変わった町を紹介していますが、「つゆのあとさき」の舞台は銀座。カフェーのほかにも百貨店が賑わったり、新聞社の大きな建物が出来たり、銀座が日本一の盛り場だった浅草を凌ぐ繁華街になったのは、このころからなんだって。

ここが「銀座」のコーナー。「つゆのあとさき」の紹介もあります。

当時の永井荷風は、山の手の洋館にひとりで住んでいたけれど、夕方になると毎日のように銀座に来て夕食を食べたり、知り合いと喫茶店に入ったり、都会生活を楽しんでいた様子。どんな毎日だったかは、42年間書き続けられた荷風の日記「断腸亭日乗」(だんちょうていにちじょう)に詳しく記されています。

日記「断腸亭日乗」の原本もたくさん展示しています。丁寧に書かれた文字を間近で見ていると、よく今日まで残っていてくれたな、と思います。

荷風が日記に描いた銀座の喫茶店のスケッチ。(昭和7年8月27日)

この喫茶店でライムジュースを飲んだときいて、園内のカフェ・武蔵野茶房で、展覧会開催期間限定・ライムソーダをメニューに登場させました。暑い日にぴったりなので、ぜひ試してね!

次回は「新宿」のコーナーを取り上げます。

みなさまのご来園もお待ちしています!

特別展「モダン都市の文学誌」みどころ紹介(その1)

みなさん、こんにちは! えどまるです。

今日から展示室で特別展「モダン都市の文学誌〜描かれた浅草・銀座・新宿・武蔵野〜」が始まりました。

東京では1923年(大正12)の関東大震災で、江戸時代の町並みの名残りが失われたといいます。今回の展覧会では、そのあとに生まれ変わろうとする町や郊外の姿を、文学作品を通して紹介しているんだって。

こちらは浅草のコーナー。

川端康成(かわばた・やすなり)が書いた『浅草紅団』(昭和5年 先進社発行)には、出来たばかりの隅田公園が登場します。

小泉癸巳男(こいずみ・きしお)の描いた「昭和大東京百図絵版画 隅田公園 向島言問」(昭和7年)や、「隅田公園案内」(昭和6年 東京市発行)も展示中。

本はもちろんだけれど、関係する絵や資料も紹介されているので、当時の町の雰囲気がわかるね。

そして今回は、川端康成直筆の「浅草紅団」創作メモや反古原稿も展示。
作品の重要なキーワードが書かれているらしいので、ぜひ展示室で確認してみてください!

こちらは物語に登場する建物「浅草雷門ビル」(資料提供 東京地下鉄株式会社)。

中は食堂だったんだって!
こんな風に、文学作品に登場する様々な建築物の紹介もしているよ。
たてもの園ならではだね。

次回は、「銀座」のコーナーを紹介する予定。お楽しみに!
みなさまのご来園もお待ちしています!!

小金井市指定有形文化財(建造物)の指定を受けました!

たてもの園内の「吉野家(農家)」「天明家(農家)」「奄美の高倉」の3棟が
このたび小金井市指定有形文化財(建造物)に指定されました。

これらの3棟は、1954年(昭和29)に開館した
武蔵野郷土館時代に移築された建物です。

武蔵野郷土館は長い間、小金井市民に愛された博物館でもあります。

また、以前は小金井市内においても、古くは茅葺きの農家が多くみられました。
吉野家や、天明家は、
江戸時代後期の上層農家の姿をとどめるものとして
貴重であるために、今回の指定となりました。

吉野家  (旧所在地:三鷹市)

天明家  (旧所在地:大田区)

奄美の高倉は、もともとは日本民族学会による奄美大島本島の調査の際、
学術資料として同会に寄贈され、
東京都保谷町( 現西東京市) にあった民族学博物館に移築されたものです。

その後、武蔵野郷士館に再移築され、現在に至ります。
この地域との深い関係があります。

地域の文化財を大切に後世まで引き継いでいくことも、
たてもの園の大切な使命です。

前川國男邸が東京都指定有形文化財(建造物)に指定されました!

このたび、前川國男邸が、東京都指定有形文化財(建造物)に指定されました。

園内では、
旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)がすでに指定を受けているので、
2棟目となります。

前川國男邸は、
日本の近代建築の発展に貢献した建築家、前川國男(1905-1986)の自邸で、1942年(昭和17)に品川区内に建てられました。

1973年(昭和48)まで、自邸として使われていましたが、
解体され、部材のまま保管されていました。

その後、この部材が東京都に寄贈され、
江戸東京たてもの園内に復元されました。

1997年1月、竣工時の前川國男邸です。

こちらは、
2014年7月に撮影した前川國男邸。
回りの木々もだいぶ大きくなりました。

復元されてから18年を経て、
前川國男邸の価値が再評価され、今回の指定につながったことは
大変意義深いことです。

みなさまのご来園をお待ちしています。

屋根の修理が終わりました

こんにちは。
えどまるです。

八王子千人同心組頭の家の
茅葺き屋根の修理が終わりました。
屋根の前面と側面は差し茅、
屋根の後ろ面は葺き替えを行いました。

差し茅は、屋根の茅のいたんだところを引き出し
取り除いて、新しい茅を差し込む修理方法です。

修理前はこのようにいたんでおり、
手で簡単に茅をつかめるような状態でした。

屋根の後ろ面(北側)は乾燥が遅く、
茅が早くいたみます。
そこで今回は
茅の葉が残っておらず、
かつ、刈り取りを2月に行った
茅の中でも強度が強いもので、
後ろ面の軒を葺きました。

一番左側の葉の無い茅がそれです。
葉がないため湿度も吸収されにくく
維持のためにはとても良いのですが、
屋根のボリュームもでないので
それだけ材料が必要となります。

屋根葺き職人さんの技、経験と工夫で
丈夫な屋根が葺き上がりました。

2月17日から公開を再開しております。
ぜひ修理の終わった屋根をご覧ください。

節分の豆まき

こんにちは。えどまるです。
節分の今日、
午前11時と午後2時の2回
綱島家で豆まきをしました。

2回とも、多くのお客様がご参加くださいました。
職場体験の中学生が折って作ってくれた、
紙のマス200個をご用意しました。

綱島家では奥座敷から玄関、裏口や井戸など
6か所もまくところがあります。
それでも皆さんは、最後まで大きな声で
「鬼は外!福は内!」と
豆をまいてくださいました。

途中、本日から職場体験にやってきた高校生が
鬼に扮して登場しました。
小さいお子さんは、少しこわかったようですが
元気に豆をまき、鬼は退散していきました。

ヒイラギにイワシの頭をさした
「ヤイカガシ」を
綱島家の戸口につけました。
ヒイラギのトゲと、イワシを焼いたにおいで
鬼をよせつけないと考えられています。

お客様の掛け声が響きわたり
禍も吹き飛んだことでしょう。
明日の立春を無事に迎えられそうです。

「東京くらしの木 檜と杉」展 始まります!

みなさん、こんちは。
えどまるです。
1月20日(火)から、下町ゾーンの店蔵型休憩棟1階で、
「東京くらしの木 檜と杉」展が始まります。

kanban

ご協力いただいたのは東京都森林組合連合会さん。
東京の木(多摩産材)の檜と杉の魅力を紹介する展示です。

休憩棟の1階には、木材の良い香りが漂っています。

こちらは、自由に遊んでいただける積み木。
四角と丸の2種類あります。たくさん積めるかな?

檜の丸太で作った都電です!

こちらは杉の丸太で作った電車。

真ん中に掛かっているのは杉玉です。
新酒ができたお知らせに、酒屋の店先に吊るすものですね。
右側には、魚の鮮度を保つという、檜の葉も飾られています。

「東京くらしの木 檜と杉」展は、2月22日(日)まで開催。
たてもの園入園料でご観覧いただけます。
お越しをお待ちしています!

綱島家 小正月まゆだま飾り

さむいですね、えどまるです。
今日は綱島家でまゆだまを飾りました。

まゆだま飾りは1月15日を中心とした小正月に
作物の豊作を願って行われるもので
全国的に見られます。
内容はさまざまで、木などで作る「つくりもの」を
花や作物に見立て飾るものです。
たてもの園では、小金井市の方から
教えていただいたやり方で
木にダンゴやミカンを差して飾っています。
木はシラカシです。

ボランティアさんが半日かけて
まゆだま作りに大奮闘!

きれいに蒸し上がりました。

さっそく飾り付けます。

ボランティアさんの「まゆだま」ガールズとまゆだま。

綱島家にきれいな花が咲いたようです。

まゆだまは15日(木)まで飾る予定です。
今週末の三連休、10日(土)から12日(月・祝)は
お正月あそびを体験できるイベント
「新春の昔あそび」も開催されます。
イベントに足を運ばれたら、
まゆだまも是非ご覧ください。

植物のシモバシラ

寒いですね、えどまるです。
今朝は厳しい冷え込みでした。

天明家も寒そうです。

毎年12月に、天明家の裏や
近くの樹林保護ゾーンで見られる、
植物のシモバシラ。
今朝は40?ほどの長さにびっしりシモバシラが着いていました。

茎が水を吸い上げ、
寒い朝はそれがシモバシラとなって見られます。
シモバシラ畑のよう!

氷点下の朝は、
暖かくしてたてもの園に
ご覧にいらしてください。
陽があたるとすぐ
溶けてしまいますので
開園後すぐのほうが
きれいなシモバシラがご覧いただけます。
(天候等、条件によって見られないこともあります。)

「正月飾りづくり」を行いました!

こんにちは!えどまるです。12月に入って寒い毎日が続いていますね。
そんな中、昨日一昨日と、たてもの園では「正月飾りづくり」講座を行いました。

講師は、ボランティア水曜班の向山さん、われらが「棟梁」です。
「正月飾り」についての説明のあと、
まずは割り箸2本を藁に見立てて、こよりの練習から。

001

ボランティアさんの指導のもと、練習の成果が出ています。
きれいな縄ないが出来ていますね!

002

作るのは「輪飾り」
003

または「ゴボウ締め」です。

体全体を使って作ります。
結構力がいります!

004

見事な輪が出来ました!

飾りをつけて、

まわりを整えて完成!

寒い中、参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいね!

たてもの園はお正月2日(金)から開園します。
2日(金)、3日(土)は入園無料!

詳しくはコチラ。
http://tatemonoen.jp/event/info/2015/0102.html

ぜひお出かけくださいね!