新たな建物の復元工事 2

来年夏のオープンに向けた復元工事がいよいよ本格的に始まります。万徳旅館と土井邸{大和屋本店(乾物屋)}が下町ゾーンに新たに加わるわけです。ご存じのように万徳旅館は青梅にあった昔ながらの旅籠の形を残した幕末に建てられた建物です。大和屋本店(乾物屋)は1928年(昭和3)に白金に建てられた乾物屋さんです。2棟ともすでに10年以上前に解体されていましたが、部材の燻蒸を近々実施し、現地では、建設に当たっての根切り工事などが始まります。
 来園したお客様にも、工事の内容を知ってもらえるよう、案内看板を張り出しました。

万徳旅館復元想像図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です