建物を守る

新聞やテレビニュースなどで紹介されていましたように1月26日は文化財防火デーでした。
昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建築物、法隆寺の金堂が炎上し、貴重な文化遺産である壁画が焼損したことをきっかけに昭和30年に「文化財防火デー」が定められました。

貴重な建造物を展示している江戸東京たてもの園にとっても、火災は最も用心しなければならないことです。
江戸東京たてもの園でも、文化財防火デー当日は、万一に備えるため、消防訓練を実施しました。
自衛消防隊の初期消火、お客様の避難誘導と救護、文化財の搬出など、
職員みんなが役割分担をして、参加しました。 
小金井消防署からも梯子車などの消防自動車がたてもの園前に集まり、一斉放水。ビジターセンター(旧光華殿)前に虹がかかりました。


まずは、このような事態が起こらないように日頃の備えが大切です。

一方、復元建造物の補修工事も始まりました。
毎年、復元建造物の状態をチェックしていて、カルテのようなものを作っています。
そのカルテに基づいて補修工事を施しています。
今週は前川國男邸や三井八郎右衞門邸、花市生花店と丸二商店の間の路地などに足場がかかり見苦しくなっています。
   
建物によっては張り替えのため障子や襖の抜けているところなどもあります。
また、園内の植栽の選定作業なども行っています。
 
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、建造物や園の自然を保つためです。
どうぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です