農家の三和土(たたき)について知る体験!

みなさん、こんにちは! えどまるです。

今月、江戸東京たてもの園では、園内の建物の補修工事をあちこちでやっています。

今週は、吉野家(農家)の土間をきれいに修復するために、
左官屋さんに来ていただいています。

10日(火)には、職場体験のために、たてもの園に来ていた
中学生のみなさんにも、
土間の三和土(たたき)の作り方を体験してもらいました。

まずは、三和土のもととなる、土(叩き土と呼ばれます)と石灰と水、苦汁(にがり)を一定の配合で混ぜます。

それを叩いて仕上げていくのですが、
まずは、職人さんがお手本を見せてくれました。
タコと呼ばれる、突き固める道具を使います。

端の部分は、コテを使って仕上げます。

さて、やってみましょう。

順番に体験します。

だんだん、固くなってきたら、
表面は、コテを使って仕上げます。

土全体が乾燥したら、完成です。
三和土はこのようにしてできるのですね。

吉野家(農家)の三和土は、現在、乾燥中です

三和土の工程について、いろいろ教えてくださった左官屋さん、
体験にご協力くださった、工務店さん、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です