特別展「モダン都市の文学誌」みどころ紹介(その2)

みなさん、こんにちは。えどまるです。雨続きのお天気ですが、たてもの園の特別展「モダン都市の文学誌」でも梅雨をテーマにした文学作品が展示されています。

こちらは作家の永井荷風。銀座の喫茶店でのスナップ。

彼が著した「つゆのあとさき」は、昭和初期の銀座のカフェーに足繁く通った作者が、当時の町の様子を、梅雨前後の季節感を盛り込みながら綴った作品です。

今回の展覧会では、1923年(大正12)の関東大震災のあとに生まれ変わった町を紹介していますが、「つゆのあとさき」の舞台は銀座。カフェーのほかにも百貨店が賑わったり、新聞社の大きな建物が出来たり、銀座が日本一の盛り場だった浅草を凌ぐ繁華街になったのは、このころからなんだって。

ここが「銀座」のコーナー。「つゆのあとさき」の紹介もあります。

当時の永井荷風は、山の手の洋館にひとりで住んでいたけれど、夕方になると毎日のように銀座に来て夕食を食べたり、知り合いと喫茶店に入ったり、都会生活を楽しんでいた様子。どんな毎日だったかは、42年間書き続けられた荷風の日記「断腸亭日乗」(だんちょうていにちじょう)に詳しく記されています。

日記「断腸亭日乗」の原本もたくさん展示しています。丁寧に書かれた文字を間近で見ていると、よく今日まで残っていてくれたな、と思います。

荷風が日記に描いた銀座の喫茶店のスケッチ。(昭和7年8月27日)

この喫茶店でライムジュースを飲んだときいて、園内のカフェ・武蔵野茶房で、展覧会開催期間限定・ライムソーダをメニューに登場させました。暑い日にぴったりなので、ぜひ試してね!

次回は「新宿」のコーナーを取り上げます。

みなさまのご来園もお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です