「東京くらしの木 檜と杉」展 始まります!

みなさん、こんちは。
えどまるです。
1月20日(火)から、下町ゾーンの店蔵型休憩棟1階で、
「東京くらしの木 檜と杉」展が始まります。

kanban

ご協力いただいたのは東京都森林組合連合会さん。
東京の木(多摩産材)の檜と杉の魅力を紹介する展示です。

休憩棟の1階には、木材の良い香りが漂っています。

こちらは、自由に遊んでいただける積み木。
四角と丸の2種類あります。たくさん積めるかな?

檜の丸太で作った都電です!

こちらは杉の丸太で作った電車。

真ん中に掛かっているのは杉玉です。
新酒ができたお知らせに、酒屋の店先に吊るすものですね。
右側には、魚の鮮度を保つという、檜の葉も飾られています。

「東京くらしの木 檜と杉」展は、2月22日(日)まで開催。
たてもの園入園料でご観覧いただけます。
お越しをお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です