「紅葉とたてもののライトアップ」、大盛況!

こんにちは、えどまるです
今日は冷たい雨が降ってるけど、三連休はお天気にも恵まれて、
「ジブリの立体建造物展」のお客様も多く、毎日大変な賑わいのなか、今年も「紅葉とたてもののライトアップ」を開催しました。
三日間の様子をご報告します。まずは初日、11月22日(土)。

今年はジブリ展の会場にもなっているため、ビジターセンター内の照明は通常通りの明るさにしましたが、入口は外から見るとこんな感じ。

西ゾーンの前川國男邸、田園調布の家は今年も人気!

センターゾーンの高橋是清邸付近の木々もダイナミックですね。

初日の22日(土)は小学生のお友達を中心に、ライトアップ体験のワークショップをしました。園全体のライトアップを監修していただいている面出薫先生(照明探偵団団長)から、ライトアップのプランを立てるためのお絵かきの方法を教えていただいて、いよいよスタート!

子宝湯のスケッチは武蔵野美術大学のお姉さんが描いてくれたんだって。そこにクレヨンで、自分がライトアップしたい色を塗っていきます。お姉さんたちがいろいろアドバイスしてくれたよ。

全員できたところで、探偵団の東さんが、参加してくれたお友だち一人一人に、どんなふうにやりたいか聞いてくださいます。みんなのプランがどんどんホワイトボードに貼られていきます。

お絵かき作業の最後はみんなで記念写真!面出先生もうれしそう!

日も暮れてきたころ、いよいよ子宝湯の前で、ライトアップの実験です。
子宝湯を赤くしてみたい、緑にしてみたい、というプランをみんなで力を合わせてやってみます。

その後、隣の仕立屋の柳をピンクにしてみたいっていうのもやってみました。

思った通りに色がつくものとそうでないもの、光の届き方など、やってみないとわからないことがいろいろあって、おもしろかったね。参加してくれたお友達、有難うございました。照明探偵団の皆さま、お世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です