「親子でライトアップ体験」に参加してみませんか?

こんにちは、えどまるです。
だいぶ秋らしくなってきましたね。
今年も11月22日(土)から24日(月・休)に「紅葉とたてもののライトアップ」を開催します。

園内のライトアップを監修してくださっている面出薫さんは、京都駅構内や東京駅舎のライトアップなども手掛けられ、国内外で活躍されている照明デザイナーです。建物のシルエット、窓のあかりが感じられるようなやさしい光の演出が特徴となっています。

こちらは西ゾーン、三井八郎衛門邸と紅葉

そして、こちらはその向かいに建つ、前川國男邸

こちらは東ゾーンの看板建築、丸二商店と武居三省堂

このイベントの中で、こども向けのワークショップも、面出さんが主宰する非営利団体照明探偵団のご協力によって、毎年開催しています。

昨年はあんどんを作って、暗い園内をパレードしました。

みんなでつくっているところ

こんな感じにできあがりました

そして、寒くないように、そして、火を取り扱うのでやけどを
しないように注意して、園内に出かけます

暗闇の中、パレードをしました

今年は、新企画として、たてもののライトアップに挑戦していただくことにしました。
まず、照明デザイナーの役割、ライトアップのデザインのしかたなどについて、団長の面出さんのお話を聞いて、子宝湯でのライトアップ計画を作ります。それから、子宝湯でグループに分かれて、高性能の懐中電灯と、カラーフィルターなどを使って、たてもののライトアップを体験していただきます。
個性あふれるライトアップを親子で体験してみませんか?

応募方法
 1通の往復はがきに、保護者、参加の小学生(2名まで)の氏名、年齢、住所、電話番号をご記入の上、江戸東京たてもの園「ワークショップ」係までご郵送ください。応募締切:11月7日(金)※当日消印有効

小学生のみなさんのご応募をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です