高橋是清邸展示「幼少期からペルー銀山開発まで」始まりました 

こんにちは、えどまるです。
高橋是清邸の玄関横に、今、シャクナゲがきれいに咲いています。

邸内の食堂では、13日(火)から新しい展示が始まりました。

是清が12歳で横浜のヘボン塾で英語修行をした頃の絵図や、ヘボンの『和英語林集成』(初版 ロンドン版)

35歳で農商務省を退職して、人生を懸けたペルー銀山開発関係の資料(会社設立のための株券領収書、株主による委任状)など、

本館(江戸東京博物館)所蔵の貴重な歴史資料を8月31日(日)まで展示しています。

新緑がきれいなたてもの園のご見学がてら、ぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です