今朝は寒かったですね

今朝はこの冬一番の寒さでした。
東京で2.2℃、たてもの園の近くの府中では−2.9℃だったそうです。
武蔵野は都心よりも2〜3℃低いと思っているのですが、今日はさらに寒かったようです。

園内の野草ゾーンには紫蘇(シソ)科の霜柱(シモバシラ)という植物があって、名前の通り、冬になると茎の根本に霜柱のような氷の結晶ができます。
今朝は今季初めて氷の結晶があがりました。
この霜柱、学名を「keiskea japonica」というそうです。この学名の「keiskea」は江戸時代から明治時代にかけて活躍した本草学者伊藤圭介の名前に因むそうです。
伊藤圭介は近代的な博物館の最初とされる明治5年湯島聖堂で開催された博覧会にも関わった人です。こんな身近なところにも、博物館創始に関わる人物の名前が登場するとは驚きです。

まるで綿菓子のようです。
自然は思いも寄らぬ美しさを作り出すものですね。
この氷の結晶、寒さが増してくると、さらに高くなります。
でも、陽が昇ってくると自然消滅。
朝のうちだけの楽しみです。

この寒さで綱島家の大根干しも進んでいるようです。
園内でもっとも古い茅葺き民家の綱島家では、かつての農家の年中行事を再現していて、今は大根干しの時季。
年中行事の再現にもボランティアさんの力は欠かせません。
 
こちらは今月上旬の大根干しの準備の模様。

今日(12月19日)と明日(12月20日)は年内最後の武蔵野えどまる団。
年末恒例の「風雲えどまる城」のチャンバラ大会。
 
準備も万端、立派なお城ができました。
「風雲えどまる城」に参加なくして年を越せるか?
みなさんのご参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です