梅干しづくりをしました。

みなさんこんにちは。
昨日、たてもの園で梅干しづくりをしました。
今年は園内の梅の木に梅がたくさんなりました。
園内復元建造物「綱島家」の年中行事の一つとして、お客さんにも手伝ってもらって、梅雨が明けたら、庭に干します。


まずは梅のへた取り。一晩水に浸けた梅のへたを竹串で丁寧に取っていきます。
ボール一杯全部へた取りするのは大変なので、ほとんどはもう取ってあります。


続いて、焼酎で梅の消毒をします。ボールのなかの梅にまんべんなく焼酎をくぐらせます。これをしないとカビが発生してしまうのです。


そして、塩を加えて、またよく混ぜます。園では綱島家での聞き取り調査をもとに梅の重さの20%の塩を加えます。


これをカメに移して。


ふたをして、石をのせて漬けこみます。

一週間から10日くらいで梅酢が出てくるはずです。きっとカビも出てくるから、ちょこちょこのぞいて取ってあげなければ。

梅酢が上がってきたら、シソを入れて、さらに漬け込みます。

今年の梅雨明けはいつごろですかね?例年ですと7月の20日くらいらしいです。今年の土用の丑の日は7月22日です。そのころには、綱島家の前庭にきれいに漬けられた梅が干してあると思います。ぜひ見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です