特別展「たてもの園と建築家たち」はじまります!

みなさん、こんにちは! えどまるです。
今日も寒いですね〜。

さて、今日から新たな特別展が始まります。

江戸東京たてもの園開園20周年記念
特別展「たてもの園と建築家たち」です。

江戸東京たてもの園で、現在公開している29棟の建造物のうち、
建築家によって設計された住宅が3棟あります。
堀口捨己による「小出邸」、
三井道男による「田園調布の家(大川邸)」、
前川國男の自邸である「前川國男邸」です。
この展覧会では、たてもの園にかかわりの深い3人の「建築家たち」に焦点をあて、創建時の図面・写真などを展示します。

展覧会のメイン画像は、
この建物にしてみました!

どの建物の写真なのか、すぐ判る方は、たてもの園通ですね!

堀口捨己設計「小出邸」の玄関の写真です。

会期は、5月6日(月)までになりますので、
ご来園を心よりお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です