冬至


子宝湯にて。

みなさんこんにちは。
昨日12月21日は冬至でしたね。カボチャの料理やゆず湯等楽しまれたでしょうか?

冬至は1年の中で一番日照時間が短いと言われています。まさに冬本番。
厳しい冬を乗り切るために、冬至の日には古くから、かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりする習慣がありますね。
この習慣は現在でも脈々と受け継がれていて、スーパーでカボチャやゆずがたくさん売られていたり、町の銭湯でもゆず湯にしているところが多いようです。
調べてみると、江戸時代にはすでにゆず湯が行われていたようです。
かつて江戸の人たちも湯にゆずを浮かべていたんだなと思うと、文化のつながりってすごいことだと感じます。

さて、このゆず湯、血行促進や美肌効果があると言われています。
冬の健康と美容にかなった生活の知恵であったのです。

温まって、栄養を摂って、寒い冬を元気に乗り切りましょう!

今日は冷たい雨が降っていますが、午後から回復する見込みのようです。ミュージアムトークは予定通り14時30分から行います。
本日のテーマは「武蔵野のハケと文学」です。
お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です