綱島家 十三夜飾り(10/27まで)

みなさんこんにちは。

秋深まるなかで、今日のお題は十三夜飾りです。
園内復元建造物の「綱島家」では現在、十三夜飾りを行っています。

今年の十三夜は10月27日(土)です。
予報では曇りのち晴れです。きれいな月が見られることを期待しましょう。

以下、綱島家の十三夜の解説です。

「綱島家では9月の満月を愛でる十五夜飾りと翌月の十三夜飾りを行っていた。
 ススキ・ガマズミ(ヨトドメ)・ワレモコウを空き瓶などに飾り、サトイモ・クリ・カキなどを15個供えた。中でも、サトイモは必ず供え、十五夜では皮をむいたものを、十三夜では皮つきのものを供えたという。また十五夜飾りを行ったら十三夜飾りも必ず行う。これは、十三夜飾りをしないと『片見月』といって縁起がよくないと考えられていたためである。お供えのサトイモやカキ、クリなどは、近所のこどもたちが盗みにくることもあった。
 一般に、十五夜は『芋名月』、十三夜は『豆名月』と呼ばれ、畑作物の収穫祭の性格を持つ。お供えした畑作物が盗まれるのを歓迎する風習は各地にあり、盗まれたものは、神様が食べたと考えられていた。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です