西川家別邸の夏障子

こんにちは。えどまるです。
本日、たてもの園は休園日です。休園日でも園内では働いている人がいて、植木屋さんや、電気屋さん、復元建物の工事もしています。
建物のなかの展示替えもしています。

今日は「西川家別邸」の障子を夏障子に替えていました。

まずはビフォーの状態。

いつ見ても落ち着いた雰囲気で良いです。

そしてアフター。どうでしょう?

夏障子。もしくは簾(すだれ)障子、葭(よし)障子等と言ったりするらしいです。
紙の代わりに細く削った竹や葦(あし)などを使っています。紙障子やふすまと替えて使うことで、風通しをよくし、かつ日差しもやわらげるというものです。

実際に見てみるととても解放感があって、そして涼しげです。さらに美しいです。暑い夏を快適にそして風情を持って暮らす日本人の美意識を再認識したえどまるでした。

8月いっぱいは夏障子にしてます。ぜひ体感してみてください。浴衣を着て写真を撮るときの背景にピッタリなのでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です