こんなはずでは・・・

こんにちは。

なんか、おひさしぶりです。「なかなか更新がない!」とお叱りの声も聞こえますが、それもこれも天気のせいなのです。
タイトルにある「こんなはずでは・・・」というのは、きっとみなさんも同じ思いだと思います。「梅雨が明けたと言ったじゃないか。なのに・・・」どうしたんだ、この天気は、と。

すっかり信じて「夏本番」みたいな感じで、これから真夏のたてもの園のご紹介をしていこうとあれこれ考えていたのに、この天気です。
まぁ自然現象ですからそんなにムキにならなくても・・・というようなことを書いておきながら、いまさら言うのもなんですが、どうなってるんだ!責任者出て来い!という気持ちですが、「宣言してないもんね」と一蹴されそうです。なんかすっきりしない。

今日は世紀の天体ショーである日食でしたが、たてもの園のある小金井ではまったく見えませんでした。暗くなったような気がしましたが、それも雲が厚くなったか、みたいな感じでよくわかりませんでした。みなさんはどうだったでしょう?これもどこかのせいだ、とは言えませんけれど。

と、更新していない言い訳を、みなさまの共感でごまかそうとしているのでした。

さて、それはともかく、梅雨がどうであろうが、太陽が欠けようが欠けまいが、今年もたてもの園ではひじろっ子が活躍します。
ひじろっ子とは、夏休み期間中たてもの園でボランティア活動をする小学生たちです。今日はその初日で、研修がありました。

お行儀が悪かったので、いきなり掃除です。ではなくて、これはひじろっ子のボランティア活動なのです。


まずはじめにこれからの活動について説明を受けます。それから、


早速に現場に出て、実地に研修です。

ひじろっ子たちの活動は、主にはたてもの園の西ゾーンにある「吉野家」「綱島家」「八王子千人同心組頭の家」という茅葺民家のお掃除です。

で、今日はその研修なのでまず6年生が手本を見せます。
      
段取りが大事。まずはたきでほこりを落とし、ほうきは畳の目に沿って掃き、次によく絞った雑巾で拭き、庭には打ち水をする。


水はちゃんと井戸から汲みます。

1年生から6年生まで混成です。それぞれを3棟にグループ分けしてお掃除します。
 
今日は初日なので、みんなのコミュニケーションもまだまだで、なにをしたらいいのかわからない、という子もいましたけれど、だいじょうぶ。きっとこれからみんな友達になり、リーダー的な子もでてきたりするでしょう。
本当に夏本番になって暑くなっても、みんながんばろう。

ひじろっ子は活動期間中は園のスタッフの一員ですから、時には容赦なく叱ったりもしますが、それもきっといい経験。仕事だけでなく、遠足やたてもの園内での宿泊体験などのお楽しみ行事もあります。

実施しているほうがいうのもなんですが、たてもの園のようなところで小学生のうちにこうしたボランティア体験ができるのは素敵なことです。うらやましいくらいです。当園の若手(比較的)の学芸員の指導のもと、ブログでいろいろご紹介している当園のボランティアさんたちからも、きっといろんな知恵を授かるでしょう。

とにかく事故のないよう、怪我や病気をしないよう、がんばりましょう。
みなさんもたてもの園にいらして、ひじろっ子の活動を見かけたら、どうぞ一声かけてあげてください。

というわけで、今日は冒頭無駄ばなしをしてしまったので、建造物のご紹介はまた次回ということに。
ひじろっ子の活動も、これからたびたびご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です