えどまる、ユーゲント・シュティールの家具を見るの巻

おはようございます。えどまるです。

ユーゲント・シュティールについて、
引き続きいろいろ教えていただいています。

家具についても、いろいろな特徴がありました。

こちらは、家具も、ランプも敷物も、壁紙もすべて一人の建築家によって考えられた食堂です。

ユーゲント・シュティールという流行は、
一時期よりも、見直され、いまでは再評価されています。

ドイツの中でも、ユーゲント・シュティールが残る町として著名な
ダルムシュタットでは、
繁華街のアンティークショップで、
ユーゲント・シュティールの家具が売られているのを
見ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です