特別展「万徳旅館にみる暮らしの100年」

現在、江戸東京たてもの園展示室で開催中の特別展は、
「万徳旅館にみる暮らしの100年」展です。

昨年9月に新しくオープンした「万徳旅館」について
より深く知っていただくことができる展覧会となっています。

万徳旅館についていた古い看板や、
旅館で使っていたお膳、お膳を保管していた古い木箱なども展示されています。

宿泊代の領収書を刷った版木もあります。
版木なので、文字は反対向きに彫られていることがわかります。

また、古いふすまも展示されています。
長い間、大切に使われ続けてきたことがわかります。

会期は4月8日(日)まで。
寒い毎日ですが、ぜひご来園くださいね。
お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です