綱島家 干し柿吊るし

日中もちょっと肌寒くなってきましたね。体調を崩してはいないでしょうか?
小金井公園も徐々に秋の気配を感じさせてます。

今日は園内の柿をとりました。
東ゾーンの丸二商店横にある柿の木なのですが、これが油断をしているとボトリと落ちてくるのです。
毎年この柿を取って、園内復元建造物「綱島家」の軒先に吊るし、展示のための干し柿をつくっています。

造園屋さんに取ってもらいました。

ボランティアさんにご協力いただいて、

こんな感じで吊るしています。

渋柿を干すことで渋が抜けて甘くおいしくなるから不思議です。知恵が詰まった食べ物ですよね。

しばらくの間、展示していますので、ぜひご覧ください。

さて、食欲の秋。
10月29日(土)・30日(日)には万徳旅館公開記念「旅のお楽しみ 奥多摩・諸国“うまいもの物産市”」開催予定です。
当日どんな食べ物があるか、詳細はコチラにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です