梅雨の晴れ間に

こんにちは。

なんとなく間があいてしまいました。予想どおり、続けるということはなかなかたいへんなことだなぁと、ひしひしと感じておりますが、わずかながらでも「更新楽しみにしてますよ」なんて声をかけていただくと、そうだ、がんばらねば、と思ったりします。

今日は梅雨の晴れ間。
真夏でもなく、かと言ってすっきり爽やかというわけでもなく、この季節の晴れ間って、なんかある意味からだにこたえますね。

で、そんな季節の日曜日のたてもの園。今日は寸景という感じで。


たてもの園の東ゾーンには通称「はらっぱ」があるのですが、そこにはこういうベーゴマや竹馬など、昔遊びの道具が置いてあって、いつでも誰でも遊ぶことができます。


紙飛行機のときもそうでしたが、こういう遊びって、おとなのほうが夢中になるというか、むきになるというか・・・。年齢に関係なく楽しんでいただければいいなと思います。


これは今日のベストショット。
はらっぱには土管が置いてあります。なんてことのないただの土管なのですが、遊びの舞台になる。写真の左のほうは、お子さんに竹馬を教えているところ。女の子が勇気をもって土管の上を歩き、男の子が走り回っている。左から水しぶきのように見えるのは、はらっぱに水遣りをしてくれているボランティアさんがいるのです。

いま、街中ではほとんど見かけないような光景。なんかいいでしょ?

今日は暑かったので、氷やアイスをおねだり。

涼しい室内では、やはりボランティアさんによる紙芝居も行われています。

梅雨の晴れ間のたてもの園寸景でした。

さて、建造物のご紹介ですが、今日はこちら。

センターゾーンにある、旧自証院霊屋(おたまや)です。

徳川三代将軍家光の側室、お振の方の霊廟で、1652年に建てられました。江戸時代初期の霊廟建築で現存するものは数少なく、この建造物も東京都の有形文化財に指定されています。

小さいけれど、なかなか見事な装飾です。

なんで今日これをご紹介するかというと、今日は日曜日で晴れているからです。日曜日で晴れた日に限り、霊屋の扉を開けて公開しています。

須弥壇が見えますね。写真ではわかりづらいですが、天井もきれいなんですよ。

たてもの園27棟の建造物のうち、この霊屋だけが住居でなく生活の場でないという、ちょっと特殊なものとなっています。

梅雨明けももうそろそろですかねぇ。

真夏よりむしろ緑や土の匂いが感じられるこんな季節にお越しいただくのもいいと思いますけど。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です