万徳旅館のつるべ井戸

みなさん、こんにちは。
梅雨の時期らしい曇天の月曜日です。

万徳旅館には、つるべ井戸が復元されています!

実際に水は出ませんでした….念のため。

万徳旅館室内の厨房部分には、
人造石研ぎ出しの流し台が設置されました。

これはどういうことかというと、
室内では、昭和25年ごろの旅館の様子を再現していますが、
建物そのものは、万徳旅館が建てられた
江戸時代末期から、明治初期に合わせて
復元しているからなのです。

青梅のあたりに、公営水道が引かれたのは
昭和3年ごろになってからなので、
建物の中と外で、復元年代がずれているために
このような展示になっています。

万徳旅館は、建てられてから、150年も経っています。

たてもの園で展示としてお見せできるのは
ほんの一部分なのですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です