ふきのとう

もう春はそこまで。

下草のなかからひょっこり顔を出していました。

ふきのとうはフキの花のつぼみで、まだ葉が出る前にふきのとうだけが地上に出てきます。 寒さに耐えるように、ツボミを何重にも苞(ほう)が取り巻いています。

雪解けを待たずに顔を出す春の使者とも言われるそうです。

ついに使者がきたか!という感じですね。

天ぷら?ふきのとう味噌?
「春の皿には苦味を盛れ」ということわざがあり、ふきのとうのようなアクの強い春の山菜には、冬の間にたまった脂肪を流す効能があるとされ、また、味覚を刺激して気分を引き締めて一年の活動をスタートさせるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です