福寿草が咲いてました。

今日は良い天気ですね。
園内で福寿草が咲いていました。
昨日の桜の話題に引き続き、春らしい話題をお届けします。

福寿草は、江戸時代・元禄の頃から正月の縁起飾りとする風習が広まり、盛んに品種改良もされたそうで、古典園芸植物の一つです。

別名として「ガンジツソウ(元日草)」「ツイタチソウ(朔日草)」とも言われるそうです。

ちなみに花言葉を調べると、「幸福」「幸せを招く」「永久の幸福」「回想」「思い出」「悲しき思い出」と出てきました。
花のかたちにふさわしく可憐なイメージですね。

咲いていたところはここです。
おわかりになります?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です