たてもの園での体験学習

先日お正月だと思っていたら、もう如月ですね。早いものです。

さて、今日は当園での体験学習をご紹介します。

今朝来園された小学校です。
小学3年生では、社会科の単元で、昔のくらしを学ぶ授業があります。
たてもの園では、昔の家と、昔の暮らしの道具が見れたり、実際に体験できたりします。
この時期は、毎日のように小学生が来ています。

茅葺き民家内(※画像は綱島家)で昔のくらしを体験しています。

いろりからおきをとって、火鉢の炭を起こしています。


こちらは土間で石臼をまわす体験です。

ボランティアのみなさんが丁寧に対応してくれて学習効果も↑↑。

こちらは留学生(本日は韓国の学生のみなさん)の体験学習です。


三井邸のお茶室(望海床)にて茶道を体験しました。
みなさん神妙な面持ちでしたが、とても喜んでくれました。自国の文化を紹介し、喜んでいただけるのはうれしいことです。

おまけ1
お茶に使う水は毎回ここから汲んできます。

小金井市内にある「黄金の水」と呼ばれる井戸水です。

おまけ2
明日は2月3日の節分です。

ミュージアムショップでなんともかわいい鬼の手ぬぐいが売っていたので、思わず撮ってしまいました。
たてもの園でも明日(2月3日)13時30分より、園内「綱島家」にて豆まきを行います。
鬼を追い出し、福を呼び寄せるために、元気に豆をまきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です