花市生花店、秋の花になりました

こんにちは、えどまるです。
昨日は、お天気も良い祝日で、たくさんのお友達が
見に来てくれていました。

暑かった夏もいつの間にか去って、秋の気配が濃くなってきましたね。たてもの園、東ゾーンの看板建築のひとつ、「花市生花店」でも、先日、秋の花に展示替えしました。

ここが、「花市生花店」です。ジブリファンにはおなじみの、「武居三省堂」の並びにあります。

白のモダンなショーウインドーは、戦後まもなく撤去されていたものを、古写真をもとに復元したんだって。

店内に入ると、たくさんの秋の花が出迎えてくれます。

奥の床下には切花用の水場が設けられています。

向かって右側の床は、モダンなタイル貼り。ガマがたくさん並んでいますね。

店の奥から通りを見ると、こんな感じ。モダンな電球笠と、格天井の組み合わせもユニークですね。

振り返って奥に進むと、ここに住んでいる人の生活スペースになっています。
ちゃぶ台があって、左奥には氷式の冷蔵庫もありますね。部屋を出ると突き当りには水道があり、左手にはガス台があります。

裏に回ってみると、路地や井戸があります。

井戸はこんな感じ。長い棒がついているので、楽に水が汲めます。ご自由に動かして、水汲み体験してみてくださいね。

花市生花店の勝手口をのぞくと、さっき左手奥にちょっと見えていたガス台が見えます。

お隣さん、武居三省堂の勝手口はこんな感じ。お風呂の煙突が見えますね。左下に見える木の蓋は、便所の汲み取り口です。

もう一度、通りから花市生花店の外観を見上げると、三階はモダンなデザイン。

二階の窓下のレリーフは、花屋さんにちなんで四季の花が打ち出されています。すてきですね。

お花は季節に応じて展示替えしていますが、建物も、ぜひ、じっくり味わってくださいね。

仕立屋のガス灯点検

こんにちは、えどまるです。
週末もたくさんのお友達が遊びに来てくれました。

今、高橋是清邸近くの武蔵野の道には、彼岸花が
きれいに咲いています。

近寄ると、こんな感じ。

ジブリの展示をご覧になった後、ぜひ、屋外展示や武蔵野の道にも
お立ち寄りくださいね。

さて、休園日の昨日、仕立屋のガス灯の点検を行いました。

11月22日(土)から24日(月・祝)まで開催する「紅葉とたてもののライトアップ」の企画として、ガス灯を灯すための点検作業です。

先端についている白い部品は「マントル」です。

調整後、ガラスのホヤをつけて、準備完了。

昨年、11年ぶりに火が灯ったガス灯。室内灯として現存する例としてはとても珍しいものです。大正初期には、東京市内の一般家庭の室内灯として普及していたガス灯の明かりは、やわらかく、あたたかな光です。

イベント期間限定ですので、ぜひ見にいらしてくださいね!

ところで仕立屋は、1879年(明治12)、現在の文京区向丘に建てられた町家で、雨戸が上げ下ろし式の「摺(すり)上げ戸」になっています。
雨戸を下ろした状態がこちら。

そして、開園時には、このように上に上がっています。

正面の格子とともに、江戸からの町家の造りをうかがうことができます。
東ゾーン、子宝湯の向かって右に、仕立屋はあります。玄関に入ると、左手にこの摺上げ戸がありますので、チェックしてみてくださいね。

綱島家十五夜飾り

こんにちは。えどまるです。
明日9月6日(土)から
綱島家で十五夜飾りを行います。
今日はその準備をしました。

綱島家では十五夜と、次の十三夜にお月見をする
習慣がありました。
ススキ、ワレモコウ、ヨトドメ(ガマズミ)を飾り、
サトイモを供えたそうです。

たてもの園ではボランティアさんが
秋の草花を活けこんでくれました。

今年は十五夜が9月8日(月)と早く、
展示用のサトイモの実りが間に合いませんでした。
園内に落ちていたトチの実、クリを飾りました。

綱島家の庭が見えるシシマドそばに置きました。
民家の薄暗さがかえって秋草を美しく見せているようです。

今年の十五夜飾りができあがりました。
綱島家十五夜飾りは9月6日(土)から10日(水)まで
行っています。
なお8日(月)が十五夜ですが、たてもの園は休園日となっています。
その他の日にご来園、ご見学くださいますよう
お願いいたします。