建物を守る

新聞やテレビニュースなどで紹介されていましたように1月26日は文化財防火デーでした。
昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建築物、法隆寺の金堂が炎上し、貴重な文化遺産である壁画が焼損したことをきっかけに昭和30年に「文化財防火デー」が定められました。

貴重な建造物を展示している江戸東京たてもの園にとっても、火災は最も用心しなければならないことです。
江戸東京たてもの園でも、文化財防火デー当日は、万一に備えるため、消防訓練を実施しました。
自衛消防隊の初期消火、お客様の避難誘導と救護、文化財の搬出など、
職員みんなが役割分担をして、参加しました。 
小金井消防署からも梯子車などの消防自動車がたてもの園前に集まり、一斉放水。ビジターセンター(旧光華殿)前に虹がかかりました。


まずは、このような事態が起こらないように日頃の備えが大切です。

一方、復元建造物の補修工事も始まりました。
毎年、復元建造物の状態をチェックしていて、カルテのようなものを作っています。
そのカルテに基づいて補修工事を施しています。
今週は前川國男邸や三井八郎右衞門邸、花市生花店と丸二商店の間の路地などに足場がかかり見苦しくなっています。
   
建物によっては張り替えのため障子や襖の抜けているところなどもあります。
また、園内の植栽の選定作業なども行っています。
 
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、建造物や園の自然を保つためです。
どうぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

寒い日が続きます

このところ寒い日が続きますね。
昨日の朝、たてもの園では屋外のすべての水道栓が凍結しました。
でも日差しは春を感じるようになってきました。

まずは1月10日の「正月遊び」から。
「正月遊び」2日目は地元小金井の小金井囃子保存会による実演が、
子宝湯前で行われました。
 
正月にふさわしい催しで、お客様には喜んでいただきました。

1月15日は小正月。
全国各地でさまざまな小正月の催しが行われています。
たてもの園では綱島家で「繭玉飾り」

画像は囲炉裏の煙で見えづらくなっています。

今年は今月いっぱいまで飾られます。

さて、今日は武蔵野えどまる団。
大カルタ大会です。
たてもの園にちなんだ大きなカルタの奪い合い。
 
みなさんオリジナルのカルタを作るコーナーもあります。
 
武蔵野えどまる団は17日(日)も開催されますよ。

正月遊び

今日と明日はたてもの園恒例の「正月遊び」
風も無く、日溜まりでは暖かさを感じるほどの日和となり、大勢の皆様にご来園いただきました。

「正月遊び」は盛りだくさんの内容です。
茅葺き民家の吉野家のお正月の書き初め

綱島家の昔語り

八王子千人同心組頭の家では甘酒などの販売

三井八郎右衞門邸の新春茶会

常盤台写真場の写真スタジオ
 
高橋是清邸の投扇興
 
西川家別邸の新春寄席

天明家では昔遊びに風車作りやミニ凧作り
 
村上精華堂では野鳥や昆虫の切り絵

はらっぱではベーゴマや羽子つきなどの外遊び
 
植村邸と川野商店の伝統工芸の実演
 

新春茶会と投扇興は本日(9日)だけですが、
明日10日は小金井囃子の実演があります。
明日も天気には恵まれそうです。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も江戸東京たてもの園では自らの役割をしっかりと果たすとともに、さまざまな催しなどを通じてみなさまに喜んでいただけるよう努力してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

たてもの園は今日が今年の初開園日です。
お客様の出入り口となっているビジターセンター(旧光華殿)に門松をたてています。
 
茅葺きの民家にはボランティアさんに作っていただいたお飾りを付けています。

今年の初開園日は暖かくおだやかな日和になりました。
前川國男邸の庭の紅梅がずいぶんほころび、数輪咲きました。

今年は曜日のめぐりから、
たてもの園恒例の「正月遊び」は1月9日と10日。
書き初めやカルタ、双六に福笑い。
昔懐かしい正月の遊びが体験できます。
ぜひご家族揃って遊びにいらしてください。