ライトアップ関連情報?行灯づくりワークショップ

みなさんこんにちは。

「紅葉とたてもののライトアップ」開催まであと一週間となりました。
予報では、雨は降らないようです。
『男(女)心と秋の空』ということわざのように天気が変わりやすい季節ではありますが、この3日間はなんとか降らないで欲しいです。満点の星空だったら最高なのですが。

今日は、ライトアッププロジェクトの関連情報として、11月23日(金・祝)と24日(土)に行われるワークショップ「われら闇の探検隊〜行灯をつくって歩こう」のお知らせです。

前回は上の写真のようなものを作りました。
取っ手付きのコップに、こどもたちが思い思いに描いたトレーシングペーパーを巻き付けています。灯がともるとカラフルでかわいらしくてステキです。

今回はこのようなオリジナル行灯を作って、さらにこれを持って園内の暗がりを歩こう!という企画です。

暗がりの中の様子はこんな感じです。

ろうそくの火(裸火)を使って、こどもたちに、たとえ小さなあかりでもそのあかりが持つ力や魅力、温かさを伝えられればと思っています。

日時:11月23日(金・祝)、24日(土)
16時から19時(受付は15時45分から)※パレードは18時から
場所:江戸東京たてもの園 ビジターセンター
対象:小学生と保護者(裸火を使うのでご同伴ください)
20名(先着順受付 小学生のみ行灯をつくります)
費用:参加料はかかりません。
※ただし保護者の方の入園料が必要となります。

ぜひご参加ください!

スマフォキャンペーンサイトもちょこちょこ更新してます。→スマフォへ

 

ライトアッププロジェクト関連情報 2

みなさんこんにちは。

11月8日にライトアップ実施に向けての照明実験を行いました。

普段見慣れているこの風景が、










こんな感じに。
あくまでもまだ実験ですので、ライトアップ当日までにどう洗練されていくかはどうぞご期待ください。

今回の実験の様子の一部はスマホキャンペーンサイトにアップしました。
そちらもぜひご確認ください。→スマホへ
子宝湯がこんなことに!?

もみじが色づいてきました。

みなさんこんにちは。

園内復元建造物「高橋是清邸」のお庭のもみじが色づいてきました。

場所によって、日中の陽のあたり方によって色づきのはやさに違いがでるのでしょうか。園内ではこのもみじがいち早く色を変えています。
とても良い色でこれからが楽しみです。

今日は雨のなかで写真を撮ったので暗い画像になってしまいました。
もう少し赤くなったら、また晴れている日に撮影をしたいと思います。

それから今日は、11月23日(金・祝)〜25日(日)に行われる「紅葉とたてもののライトアップ」のなかで実施する『民家で昔のあかり体験』のリハーサルをしました。和ローソクやランプに実際に火をつけてみました。夜の民家のなかでどんなふうになるのか楽しみです。
あかりがついた様子はスマホキャンペーンサイトにアップしました。暗いなかではないのですが。。。
のぞいてみてください。→スマホキャンペーンサイト

ライトアップスマホ特設サイト配信開始です!

みなさんこんにちは。

以前にもお知らせしましたが、今年の「紅葉とたてもののライトアップ」は11月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)です。

今年も園内の建造物やもみじにひかりをあてて、日中とは全く異なる趣を演出します。


昨年の田園調布の家(大川邸)の様子です。きれいでしょ?
建物のなかからもれてくるあかりがなんともあたたかく、また周りの木々に光をあてることによって、建物の形が浮かび上がります。

さらに今年は行灯をつくるワークショップがあったり、民家で昔のあかり体験を行ったり、たてもの園園長と、面出薫さんのあかりに関するお話があったりします。

それから、小金井市商工会さんにご協力いただき、あたたまる食べ物、飲み物の販売もあります。キャンドルライトの中でゆっくり、ほっこりしてください。

そしてそして今年はこのライトアッププロジェクトのスマホサイトができました。パチパチ。

 

下の画像は、PC画面ですが、スマホ用に最適化されています。

この特設サイトでは、プロジェクトの進行状況やウラ話を随時更新していきます。それと、なんとクーポン券があります。入園料2割引き!たかが2割、されど2割。ぜひぜひチェックしてください。お知り合いにもお伝えいただけるとうれしいです。

 

今日が初日

はじめまして。

ついに、と言うか、ようやく、と言うか、江戸東京たてもの園ブログをたちあげることになりました。今日はその記念すべき初回ということで、かなりの緊張感をもって書いています。

きっとこれからずっと続いていくであろうこのブログに、なにを書いたらいいのかといろいろ迷いました。スタッフからは「なんでもいいから」と言われたのですが、なんというか、「今日の夕飯なに食べたい?」と聞いたときに「なんでも」と言われたときのような気分です。

で、まぁなんでもいいかと、とにかく「継続は力なり」ということを信じて続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。

さて今日は、まさに今日からはじまった当園の特別展「魅惑のカンバン・ハリガミ」展のご紹介です。
えてして「景観を損ねる」とか、いまふうに言えば「うざい」と見られがちな看板・貼り紙ですが、情報伝達という機能だけでなく、その時代の社会や風潮を反映しており、よくよく見るとなかなか魅力的なものです。実物や写真などたくさん展示していますので、ぜひぜひご覧いただければと思います。

ところ狭しと並ぶ魅惑のカンバン

たてもの園は、四季折々の花々も魅力のひとつです。いまの季節はなんといってもあじさいですね。たくさんではないのですが、まさに満開で心をいやしてくれます。
たてもの園のあじさい、満開です

展示や豊かな自然をご紹介しましたが、たてもの園の最大のウリは、なんといっても27棟の魅力ある建造物です。これから追々ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。